フープめっき
世界一の品質を目指して!
メテックは、1918年の創業以来、亜鉛等の電気めっきの可能性を追求し続け、多彩な表面処理技術を開発してきました。
産業用・民生用機器、航空機、自動車、電子部品関連の製品及び部品へとフィールドを拡大し、なかでも半導体をはじめとするエレクトロニクスの分野の表面処理では、業界のデファクトスタンダードになった技術開発も少なくありません。

さらに、生産の効率化にチャレンジし、全自動めっき装置の開発、ラインのFA化も推進、こうしたプラントの設計技術もユーザーに提供し、技術資産の共有化を推進してきました。
きたむらたかゆき 代表取締役 北村 隆幸
技術のグローバル化も「ニーズが発生する地点で最適な技術を供給する」という思想のもとに国内外の拠点を拡充、メテックグループとして広範な要望に即応するための情報ネットワークも、あわせて構築しました。

当社は、電気めっき(亜鉛など)の固有技術に基づいて「電子デバイスの応用技術開発」をテーマとしてシーズ指向型のR&D体制を強化しています。それらの研究により、既に精密PCBボード、面状発熱ヒーター、LSI用ヒートシンク加工、イメージセンサーの応用技術などの成果を出しています。

当社は、電子・情報機器、環境関連技術分野をさらに拡充し、ユーザーの技術開発を側面からサポートし続けたいと考えています。今後もメテックは、ミクロの世界を拓く独創技術で、未知なる可能性を現実のものとします。
お問い合わせはこちら
会社概要
製品やお見積りなどに関する
お問い合わせ
お電話でのお問い合せは下記までお気軽にご連絡ください。