トップ
TECHNOLOGY INFORMATION
技術情報
2019.9.1
研究開発
平滑Niめっきについて
平滑Niめっきとは
平滑Niめっきとは、表面に凹凸のない、非常に平滑なNiめっきです。

めっきの表面状態は、素材の引目や下地の粒子状態に影響されるのですが、
この平滑Niめっきはそういった細かな凹凸を埋めてしまうことで、より平滑な表面状態になるのです。

表面に凹凸がほとんどありませんので、光沢Niめっきよりもさらに光沢度が高くなります。


■用途
LED向け光沢Agめっきの下地 → 素材の引目を消して凹凸をなくすことで光沢度up! → Pd、Au付着量削減 

平滑Niめっきの特徴
■表面状態
まず、外観がどの程度違うのか見てみましょう。
(1番目写真が平滑Niめっき、2番目の写真が普通Niめっきです。)
同じCu板にめっきをした外観です。めっきの膜厚は両方とも2μmです。
普通Niめっきは素材の引目がはっきりと見えるのに対し、平滑Niめっきはほとんど見えません。

平滑Niめっきでは、素材の凹凸を埋めて平滑な表面状態になっていることが分かります。


■表面粗さ
接触式粗さ計で測定した表面粗さのグラフです。
(1番目写真が平滑Niめっき、2番目の写真が普通Niめっきです。)
表面の凹凸を線グラフで表しています。
普通Niめっきでは線が激しく上下しているのに対し、平滑Niめっきはほぼ水平を保っています。
それだけ表面に凹凸がないということが分かります。

粗さを数値で表すと、以下のグラフのようになります。
普通NiめっきのRaは0.2821μmなのに対し、平滑Niめっきは0.0246μmです。
約10倍の違いがあります。


■光沢度
次に光沢度を比較してみます。
普通Niめっきは0.842なのに対し、平滑Niめっきは2.662あります。
平滑Niめっきの方が3倍近く、光沢度が高いという結果になりました。

表面に凹凸があると、光が乱反射して光沢度が落ちてしまいます。
平滑Niめっきは表面の凹凸が少ないので、それだけ光沢度も高くなるのです。
まとめ
平滑Niめっきは表面に凹凸が非常に少ないNiめっきです。
一般的な普通Niめっきと比較して、以下の特徴があります。

①外観は、素材の引目を埋めてしまうので非常に平滑な表面である。
②粗さは、Ra(μm)で普通Niめっきの10分の1である。
③光沢度は、普通Niめっきの3倍である。

これらの特徴を持つ平滑Niめっきは、より高い光沢度が求められる、LED向けAgめっきの下地として有用です。

平滑Niめっきにつきましては、少量試作を承っております。
ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
CONTACT
お問い合わせ
製品・お見積りに関するご質問・ご相談等、
お気軽にお問い合わせください。
受付時間 - 8:00~17:00(土日祝日・休業日を除く)
めっき技術関連の方はこちらへ