トップ
PRODUCTS
めっき情報
Product
Au 金めっき
Au 金めっき
金めっきは装飾だけでなく、電子工業および航空宇宙技術分野にも利用されており、
金は非常に高価であるため、コスト低減のために薄膜化や選択・部分めっきの高精度化が求められています。
性質
化学的に安定しており、酸化しないため、耐食性が良いのが特徴です。 また、電気・熱の伝導性、延性、ボンディング性、はんだ付け性にも優れています。 他金属との合金にすることで硬くすることも可能です。
用途
装飾めっきとして、装身具、万年筆、時計、眼鏡フレームなど
工業用途としては、エレクトロニクス分野における各種電気接点、端子、コネクタピン、リードフレーム、IC、各種電気回路部品など
メテックでの事例
半導体リードフレームへの部分金めっき
端子、ピン材料への全面金めっき(接点部品、医療機器部品)
豆知識
金と銅の合金(ピンクゴールド)、金とニッケルの合金(グリーンゴールド)は、よく時計などの宝飾品で使われています。
純粋な金は体内に入れても生体拒否反応を起こさないため、インプラントの部品や一部の手術器具に使用されています。
CONTACT
お問い合わせ
製品・お見積りに関するご質問・ご相談等、
お気軽にお問い合わせください。
受付時間 - 8:00~17:00(土日祝日・休業日を除く)
めっき技術関連の方はこちらへ